maimaiヒストリー

maimaiおにぎりの生みの親「太田店長」は六年前までは中国から食品を輸入する超多忙な商社マンでした。何ヶ月も休みなく働きづめたあげく、体調を崩して会社を退職、やむなく自宅で休養する日々が続いたそうです。

食生活で体質改善しようと考えて色んな健康食品を試した結果、毎日食べても飽きのこないおにぎりを良質の国産無農薬の穀物でつくることに思い至ったのです。ちなみに一番最初に作ったおにぎりは鮭のおにぎりだったそう。

「雑穀を朝昼晩食べ続けて3ヶ月くらいすると代謝がよくなって、9ヶ月目には体重も10kg減り、コレステロールや中性脂肪の値が正常値にもどりました。体調を崩すくらいハードに働かれている人たちに是非とも雑穀おにぎりを食べてほしい。」そう思った太田店長は各地を回っておにぎりや体によい食材を食べ歩き、独学で研究を重ねて自己資金で東京の神田にイートイン・スタイルのおにぎり専門店を開店、そこから有楽町店、新橋店と展開してきました。

「おにぎりというと和のイメージがつきまとうんですが、今どきのカフェが似合うようなカジュアルなスタイルでおにぎりを食べてもらいたいです。」と語る店長、今日も有楽町店と新橋駅店のあいだを駆け回ってらっしゃいます。日本全国どこの町でもmaimaiの雑穀おにぎりが食べられる日はそう遠くないことでしょう。


お知らせ

通販メニューへジャンプ
雑穀、無洗米、岩塩のネットでのご注文承ります。

新発売商品!

・冷やし雑穀甘酒
雑穀米と麹菌だけで作るノンアルコール甘酒は飲む点滴と云われるほど栄養価の高いドリンクです。
・青とうがらし
お客様の御要望により復活しました!!!

雑穀おいしさの秘密